トップページ > 究極「宮」の味とは ご注文ガイド  →サイトマップ  
究極「宮」の味はこうして生まれます  
素材の鮮度を重視しています。
鮮度重視の素材
材料の肉・野菜類は、全て国産品から厳選したものを使用しています。毎日、万全の衛生管理のもと、新鮮なうちに手づくりで調理しています。
皮にもこだわり尽くし。
こだわり尽くしの皮
モチモチ・パリパリに焼きあがる皮も自慢。国産ブランド小麦・塩を使用した皮です。皮自体が味わい深いから、最初はタレなしでお試し下さい。
地元の信頼できる特産品も使います。
地元の特産品を使っています
地元の特産品
全種類に、宇都宮の自家生産ブランド豚肉「瑞穂野ポーク」を使用。また、宇都宮特産の新野菜「ねぎにら」を使い、本物のおいしさを追求しています。
食べごたえタップリの大きさ。
完全手包みだから、少し大きめに仕上がります。標準的な餃子(当社従来品)は19グラムですが、究極「宮」の味は平均30グラム・全長9センチ! 食べごたえタップリ
究極「宮」の味・宇都宮餃子
包みたての餃子は、蒸したりせず生のまま瞬間冷凍。つくりたてのおいしさをそのままお届けします。

お手本はズバリ、家庭の餃子。
ご家庭の餃子のおいしさを目指し、野菜を手切り。 手ごね・手包みまで手作業で行っています。ご家庭の作り方でプロが作る、本物の味です。 お手本は家庭の餃子
タレもオリジナル。
付属のタレも、究極「宮」の味に合うものを作りました。健康によい黒酢たっぷりタレをつけて召し上がれ。タレは餃子9個に1本ついてきます。(もちろん雄都の宇都宮餃子シリーズにもつきます。) オリジナルのタレ
着色料・保存料は使いません。
体へのやさしさを考えて、着色料・保存料は一切使用しません。素材が持つ本来の味を安心してお召し上がり下さい。
厳選素材のご紹介
宇都宮産「瑞穂野ポーク」
豊かな風土で、のびのび健康に育った豚。

<生産者さんの声>
私たちの農場がある宇都宮市の瑞穂野は、田園地帯に囲まれた自然豊かな地区。寒暖差が大きく、水も空気もきれいで、豚の成育環境に非常に適しています。安全な飼料でのびのび育てた自家生産豚は、肉がやわらかく、脂自体にうまみがあります。良質な脂身を贅沢に使った雄都さんの餃子は、ひと味もふた味も違うおいしさですよ。

(有)ユートピアみずほの/専務取締役 増渕貴之さん
ホームページアドレス www.mizuhono.jp
にくのくにピュアユートピアみずほの
宇都宮産「ねぎにら」 新野菜

〔ねぎ〕と〔にら〕の
いいとこどりした健康野菜。

ねぎとにらを交配して生まれた新野菜です。鉄分・リンなどの栄養分が豊富で、味の濃さ、サクサクとした歯切れのよさも魅力。まだ宇都宮近郊でしか生産されていない為、なかなか味わうことのできない希少な野菜です。
ねぎにら


栃木産「にら」

肉厚でみずみずしい名産品。

生産量全国トップレベルを誇る栃木県のにら。この地で餃子が発展したのは、にらの名産地であることも一因だったようです。香りも味も鮮烈。
中でも質のよいものを厳選して使用していますので、一口召し上がっただけで風味がわかるほどです。
にら